0から50万以上を物販アフィリエイトで目指す。(LFM-TV2012編)

前回の続きです。

物販アフィリエイトで0~50万以上

目指すのであれば、どうしていくのか?

LFM-TV2012で50万以上目指す。

42068wwasnl9vvc

さて、
今回は物販で50万を超えるという部分を
お話していきます。
尚、前回までの記事はこちらです。

 

 0から15万までは

 

 15万~50万以上(アンリミテッドアフィリエイト編)
 

この何万という数値は参考程度にしてください。
あくまで全体の流れを知りたいという方が多々いらっしゃたので
MOTOならどうするのか?という部分で記述しています。

 

勿論、全てそれに当てはめる必要もないですし
一人一人、作業できる時間、環境も違うので。

 

では、MOTOが物販で基本スキルが身についた後
どうやって50万稼いでいくか?
お伝えしていきます。

 

物販だけで50万以上目指したいという場合は、
 
 LFMーTV2012
 
物販アフィリエイトの最高峰の教材です。

 

ドメインを取得してHTMLサイトで
アフィリエイトサイトを作成していきます。

 

ビクトリーやNEOノンバトで無料ブログを量産しているので
サテライトブログも整った状態から始めることが出来ます。
(この段階では無料ブログでのアフィリエイトサイトは作成しません。)

 

で、

 

サテライトブログを大量に持っているのと持っていないのでは

かなりの差が出てくるのでこの点すごく有利にLFMを始められます。

 

また、オールドドメインや日本語ドメインを使うことで
今まで敬遠していたところでも参入することも可能になりますし

 

それと同時に、売れる商品だけどライバルがいないキーワードで
稼ぐことも出来るようになります。

 

MOTOであれば、
報酬単価が高く、売れている商品に特化して
このLFMをベースに量産していきます。

 

そして3つのタイプで作成していきます。

 

1商品1サイト型

 

今まで無料ブログで稼いできた商品を
LFMを軸にドメインを取って強化していく。
1商品1サイト型。

 

「アスタリフト口コミ」などんも商品名で狙い
下層記事でロングテールキーワードで集客する。

 

 ジャンルキーワードでの比較型。

 

例えば、「酵素ドリンク」などのジャンルで
キーワードを選定して、酵素ドリンクの商品を紹介していく形のサイト。

 

実際に商品を購入してレビュー形式であれば
オリジナリティある強力なサイトが出来上がります。

 

 関連キーワードの情報発信型

 

商品名以外の関連キーワードを考えて
欲しい人と商品を結びつける。

 

例えば、育毛シャンプースカルプDが欲しい人に対して
商品名キーワードで狙わずに

 

「頭皮の脂」などのキーワードで狙って
その検索してきた人に対して
頭皮の脂を解消するためには、
このスカルプDがいいですよ。と勧める形。

 

この3つのタイプでサイトを作成していきます。

 

そして

サイトを作成する前に設計図を作成しておく必要があります。

 

しっかり紙に書き出すということです。

 

  • どの商品を狙っていくのか?
  • 選んだ商品を購入する人はどんな人か?
  • どういう悩みを持っているのか?
  • どういうキーワードで検索するのか?
  • ライバルサイトはどういう風なのか?
  • そしてどのタイプでサイトを作成していくのか?

 

行き当たりばったりでは、一体何の作業をやればいいのか
わからなくなってきますし

商品に対して戦略を練っていく必要がでてきます。

 

この部分が大変な部分でもあり、
一番面白いところでもあります。

 

そして、設計図が出来たら量産です。
ただ、ペラサイトではなく、記事数などのボリュームは
重視していきます。

 

考え方としてはパワーサイトの量産という概念です。

 

こうなってくるとさすがに一人では限界があるので
外注さんに任せられるところは任せなければ厳しいです。

 

つまり、

 

トップページとキーワードだけは自分で考えて
下層ページは、全て外注さんに記事を依頼するという形です。

 

また、被リンクを送ってもらったりするのも
自分でやっていると時間が足りないので
外注さんに任せていく必要があります。

 

(被リンクサービスを使うのも個人的にはありだと思います。)

 

で、外注さんを上手く活用することが出来れば
自分しかできない作業に特化しながら進めて行けますし

最終的には自分がいなくても、

回る仕組みまで作成していくことが理想です。

 

ここが出来て始めて
よく言われている

アフィリエイトの半不労所得が完成していきます。

 

MOTOはその仕組みを目指しています。

 

LFMでは、根本的な思考の部分、外注化、
戦略の部分を強化することができるので、

 

本格的に物販に挑戦するのであれば

このLFMは強力な武器になるでしょう。

 

 LFM-TV2012特典
 

PS:

3つの記事で全体の流れは理解出来ましたでしょうか?
初心者の方にはアンリミ編、LFM編は、
ちょっと難しかったのではないかと思います。

 

ただ、全体の流れを知っておくことは
大切かと思ったので記述しました。

 

あなた自身、今何を取り組めばいいのか?
わからない。って方はメール頂ければと思います。

 


また、ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡頂ければと思います♪

MOTOへのメールはこちら>>>


最後までご覧頂有難うございます^^

人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は、この記事も読まれています♪

コメントを残す