YESを引き出す7つのトリガーを購入して読んだ感想。

ライティングを学ぶのであれば、この「YESを引き
出す7つのトリガー」は最適です。

相手の気持ちを考えて、随所にこの7つのトリガー
を含めていけば、成約率は自ずと上がります。

なぜなら・・・

YESを引き出す7つのトリガー

2012-04-15_144517

リアルのビジネスでも、アフィリエイトでもセールスを
する上で大事なのが、

 

この商品買いませんか?という問いにYESと答えて
貰えることが出来れば
ビジネスが成り立つわけです。

 

じゃあ、どうやれば相手にYESと言って貰えるのか??

 

そのYESを引き出すための7つのトリガーが書かれています。

 

今から記述する7つの顧客を動かす心理を知らないのであれば、
かなり損していると思います。

 

こういった心理学、コピーライティングは一生ものの

スキルなので、早い段階で学んでしまう方がいいでしょう。

 

1:友情のトリガー

 

YESを引き出すために一番簡単なのが、「友情」です。
言ってしまえば、友人や知人になって関係を構築できていれば、
「この商品がめっちゃ良かった」というだけで、購入してくれるわけです。

 

じゃあ、見知らぬ人と友人のように関係を持つために
どういうことをしていけばいいのか?が記述されています。

 

2:権威のトリガー

 

これは良く、キャッチコピーなどに使われます。
例えば、

 

「東大名誉教授が教える3ヶ月でマスターする幻の英語講座」

とか言われると、
それだけで信じたくなりませんか?
ここでいう「東大名誉教授」というのが権威です。

 

「3ヶ月でマスターする幻の英語講座」
とだけ言われるよりもよほど信憑性が高まりますよね?

 

でも、私は特に権威が何もないんだけど・・・
という人でもこの「権威」の力を借りることは可能です。
それは他人の権威の力を使っても効果があるということです。

 

「東大名誉教授に習った幻の英語学習法。」

というように、名前を借りても「権威の力」を発揮することが出来ます。

 

他にも、

 

「真実の大洋は 私の前に気付かれずに横たわっている」

とニュートンの名言がありますが

・・・・

 

という風に有名人の名言を記事に入れることで
一気に文章に説得力が増したりもします。

 

この章では権威のトリガーを自分のものにするためには?
どうしていけばいいのか記述されています。

 

3:一貫性のトリガー

 

人間は無意識に矛盾しないよう行動します。

この性質を利用しない手はないです。

 

例えば、
お笑いのテレビ番組で笑い声というのは強調されていますよね?

 

あれは一貫性のトリガーを利用しています。

 

他の大勢の人が笑っていると、
あなたも面白くなくても笑おうとします。
周りと同調するということです。

 

拍手にしてもそうです。
一人が拍手をしだすと、その後からポツポツと拍手しだして、
拍手する人数が多くなると、いつの間にか拍手してしまうでしょう。

 

この心理を使うのが、一貫性のトリガーです。

 

4:交換のトリガー

 

これは「返報性の法則」と呼ばれるものです。

 

相手に何か大きな価値を与えてもらったとき、
ほとんどの方は恩返しをしようとします。

 

つまり、あなたがビジネスやアフィリエイトで成功したければ、
まずは精一杯相手に有益な情報なり価値を与える必要があるということです。

 

「あなたが与えた価値の10分の1が利益になる。」

 

ということもよく言われますが、
これは返報性の法則や交換のトリガーといったものを
具体化したいい例でしょう。

 

ビジネスで成功するためには、
この交換のトリガーは絶対に外せません。

 

5:対照のトリガー

 

この世のあらゆるものは

比較から価値が生まれるというものです。

 

例えば、あなたがパソコンを買う時のことを考えてください。
価格であったり、機能であったり、メーカーであったり、
色々な部分を比較して購入しませんか?

 

ここでいうパソコンの価値というのは比較から
生まれているものです。

 

つまり、あなたがセールスする時も他のモノと比較することで
価値を生み出していかなければいけないということです。

 

6:理由のトリガー

 

相手がYESと答えるためには理由が必要だという心理です。

 

ここまで読まれた方ならわかると思いますが、
「YESを引き出す7つのトリガー」を知らないだけで、
どれだけ利益を逃していると思いますか?

 

例えば、あなたの商品の成約率が1%だったとしましょう。
100人が興味を持って、1人が買うという数値です。

 

1人が購入してくれた時の利益が1万円だったとします。

 

その成約率が心理トリガーを学ぶことで1.1%とたった0.1%
でも上がったらどうなるのか?

 

同じ労力しか使っていないにもかかわらず、
知識があるかないかで、利益が1.1倍になるということです。

 

今まで毎月2000人の顧客が訪れて
20万の売上だったものが、毎月22万になります。

 

ここで上乗せ出来た利益を毎月集客に使っていくと、
1年後、毎月の売上は60万以上になります。

 

つまり、
心理トリガーやコピーライティングを学んで成約率を上げるだけで
ここまで大きな利益の差が生まれてしまうわけです。

 

それも一生もののスキルのため
よっぽど稼ぎたくない人以外は学ばない理由がないわけです。

 

・・・

というのが理由のトリガーです。

 

何事にも理由がなければ行動をしてくれないというトリガーを学べます。

 

7:希望のトリガー

 

これは、相手に希望を与えるトリガーです。

よく「ベネフィット」と言われるものがこの希望のトリガーです。

 

商品を購入した未来を提案してあげる必要があるということです。

 

「YESを引き出す7つのトリガー」の場合、
この書籍は、こういうことが書かれていているのが素晴らしいですよね。

 

と、書籍のメリットをいくら提案しても相手は
行動しないってことです。

 

そうではなく、「YESを引き出す7つのトリガー」を読んで
世界で検証された貴重な人間の心理トリガーを学ぶことで、

 

今のあなたのサイトの売上を1.1%とたった0.1%でも
引き上げることが出来れば、売上が1年後3倍を超えます。
しかも、労力は同じで知識が増えただけで。

 

という風に相手にその未来を想像させることが出来れば
行動してくれるということです。

 


以上が7つのトリガーを更に突っ込んで心理を解説してくれている
最高級の心理本です。

 

この記事を読んであまりピンと来ない人は

購入する必要はないでしょう。

 

ただ、少しでも引っかかる部分があったのであれば
YESを引き出す7つのトリガーを学ぶことで
一生ものの知的財産となるでしょう。

 

2012-04-15_161811

 

YESを引き出す7つのトリガーで売上を伸ばす。

 


また、ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡頂ければと思います♪

MOTOへのメールはこちら>>>


最後までご覧頂有難うございます^^

人気ブログランキングへ


この記事を読まれた方は、この記事も読まれています♪

コメントを残す