量産ブログアフィリエイトで10万円までの道のり

思えば、1年半前。
「本当にアフィリエイトって稼げるのか?」
で始めたアフィリエイト。

本日はどうやってブログを量産で10万まで
稼ぐようになったのか具体的にお話しします。

 

量産ブログアフィリエイトで10万円までの道のり

 
2011-07-21_145709

始めた当初

1つのブログだけで稼げると思っていました。

 

毎日記事を更新して楽天のバナーとアドセンスを
サイドバーに貼りまくってアフィリエイトをやってました。

 

あまりにも稼げないので
途中、アフィリエイトリンクがちゃんと
機能していないんじゃないか??
と思い始めて色々なASPに手を出すようになりました。

 

疑いの心があるから、
一つの作業だけに集中することができず
お小遣いサイトやら色々なものに
手を出していました。

 

半年間ぐらい全く稼げない時期が続きました。

 

で、
転機があるセミナーで教えて貰った

 

「ブログを量産したら稼げる」

 

というものです。

 

300個作ったら10万稼げるので
ひたすらやってみてください。

 

その話を聞いてから
家に帰って早速量産を始めました。

 

去年の5月頃でした。
だいたい一か月で50個ぐらい作っていました。

 

で、ちょうど一ヶ月目が終わったころ。

だいたい50個作った時ぐらいに

初報酬が入ってきたと思います。

 

それが5000円程でした。

 

100個までは成果あがらないことなんてざらですよ。
って言われていたので
すごく喜んたでました!

 

よし、このままブログ増やして右肩上がりで報酬を
増やしていこう!って。

 

で、

その時点ぐらいから、

検証をするようになりました。

 

今思えば、
ここで検証するということをしたのが
良かったのだと思います。

 

検証といっても
全部のブログのアクセスを紙に書き出して
順位をつけるだけです。

 

キーワードとかはこの時点では
対して意識していませんでした。

 

アクセスが集まっているものに対して
他のブログから被リンクを送り
強化していくといった作業を平行してやってました。

 

で、なんでも試したがり屋のMOTOは
どのASPが稼ぎやすいか?とか
どのブログがアクセスが集まりやすいか?とか

 

色々なASPや色々なブログサービスを
使うようにしました。

 

今思えば遠回りでもありましたが
でもそれが身についているのかとも思います。

 

さて、50個作った時点で、

効率をもっとよくできないか?

 

と考えるようになりました。

 

そこで考え出したのが

まとめて記事書く作戦」です。

 

そのままですが。。。

 

ブログでも紹介していますが
無料ツール「メモ紙」に
10個単位で先に

 

  • どのブログを使うか?
  • どの商品をアフィリエイトするか?
  • ブログタイトル
  • 記事タイトル

 

など全部まとめて考えるようになり

 

そのメモ紙内に記事を書いてしまう。

 

といった作戦名そのままの作戦をとりました。

 

これが功を奏して、

ブログを作成するスピードは格段に上がりました。

 

仕事から疲れ果てて帰ってきた時は
このメモ紙に書かれている記事をブログにアップするだけ。

 

といった作業をしたり。

 

で、このペースで100個まで作っていくと
また報酬が発生するようになりました。

 

といっても、

この時点で1万ぐらいです。

 

で、
ここらへんから、また疑うようになりました。
「本当に300個で10万稼げるんか?」と。。。

 

正直、かなり焦るようになりました。

 

今見返しても笑ってしまうぐらい

記事がかなり適当になっていました。

 

「これは絶対おすすめです!」

 

っていう記事ばっかり。

 

いつもこういったことを指摘しているんですが
これは昔の自分に向けて言っていることでもありますw

 

焦れば焦るほど、売りたいという気持ちが

先行してそんな記事を書いていました。

 

その当時のMOTOにそれは売れないからやめなさい!
って言ってあげたいです;;

 

そこから、ペースダウンするものの
目標の300個まで頑張るしかない。
とやり続けてました。

 

だいたい200個ぐらい作ったぐらいでしょうか?

 

全然稼げず、
他の教材を買うようになったのは。。。

 

その教材だったか、特典だったか忘れましたが
こんなことが書かれていました。

 

「普通の人はブログを見て一瞬で判断して自分に関係ない。

と思えば3秒で×ボタンをクリックして閉じてしまいます。」

 

だから、

「画像を使って何のブログか一目でわかるブログを

心掛け引きとめる必要がある。」

 

これが当時のMOTOには衝撃的でした。

 

思い返せば、今まで200個のブログには
画像を一切使っていなかった。

 

つまり、

一瞬で何のブログか判断できない可能性が

高かったわけです。

 

そこからです。
今度は手直しの作業に取り掛かりました。

 

画像を入れて、
何のブログか一瞬でわかるようにしました。

 

余計なものは極力省き。
伝えたいことを一点に集中。

 

画像を入れる作業のついでに
アクセスが集まる1軍ブログには
被リンクを送り。

 

サイドバーは綺麗に整理して。

 

記事を付け足して。

 

こんな手直しの作業をしていると
あきらかにクリック率が増えていき、

 

そのまま報酬にも
繋がるようになってきました。

 

この時点で月に前後はしますが2万ぐらいは

稼げるようになっていたと思います。

 

そして、修正したことを学びながら
そのまま300個まで増やしていきます。

 

だいたい4、5ヶ月ぐらいかかりました。
特に初めてのブログサービスを使ったりすると
かなり苦戦してましたし。

 

この時点では
決して右肩上がりに報酬が伸びたわけではないですが

 

忘れたころに
報酬が入ってくるといった感じを繰り返し

念願の10万達成です。

 

当初は、300個作れば月収10万稼げると
言われていたんですが、

MOTOの場合は、トータルでした。。。

 

まあ、途中で独自戦略を盛り込み過ぎたという

ことが問題なんでしょう。。。

 

そこから更にブログを量産し続けて
今ではブログとサイト合わせると
500個以上あるとは思います。

 

でも、今思えば、

始めにこうやって量産して検証しながら

やってきたことが身についていると思います。

 

今まで作ってきたブログから被リンクを送るだけで

今作ったブログでも結構強いブログが出来上がり

作ればかなりの確率で商品が売れます。

 

そして、
自分で実践して経験から学んだことだから

自信を持って言えます。

 

アフィリエイトは

量産していけば誰だって稼げるということを。

 

そして、

 

アフィリエイトで稼ぐスキルを身に付けるために

量産から始めておおいたほうがいいということを

 

MOTOは、
更にサイトを量産する計画を進行中です。

 

もう、わかっているからです。

 

今まで通用していた中身にないコンテンツの量産では
無理ですが、

 

ある程度しっかりしたコンテンツがあるブログなり

サイトを量産すれば稼げることを。

 

だから、あなたにも言っています。

 

1つのブログだけにこだわってやっていくのは

量産で最低限のスキルを身につけてからでいいと。。。

 

今までMOTOがやってきた手法は
王道の量産ブログアフィリエイト教材
「NEOノンバトルアフィリエイト」が一番近いです。

 

で、NEOノンバトルを実践すると、、、

 

今日も売れてました。

2011-07-21_160324

 

電脳卸なので報酬単価を見せると商品が
わかってしまうので隠していますが

 

報酬は2つで16000円です。

 

結構おいしいでしょう?

 

しばらく放置していてもこんな感じで
報酬が発生していくようになります。

 

というか、今までMOTOがやってきた量産ノウハウよりも
NEOノンバトルのほうが効率良いですし
今後も通用するノウハウでしょうw

 

 NEOノンバトルアフィリエイトの特典レビュー>>>
 
 NEOノンバトルアフィリエイトの解説サイト>>>

 


また、ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡頂ければと思います♪

MOTOへのメールはこちら>>>


最後までご覧頂有難うございます^^

人気ブログランキング>>>

この記事を読まれた方は、この記事も読まれています♪

12件のコメント

  • MOTOさん、こんばんは
    えりまきです^^



    MOTOさんは、量産から入ったのは知っていましたが
    500以上のサイトを保有していたとは、恐れ入りました^^;


    それだけのサイトがあれば、強烈な競合サイトがいない限り
    ほぼ上位表示を狙えてしまいますね^^


    私もちまちま増やしていますが、なかなか進みませんねぇ^^;



    今日も勉強になりました、応援ぽちっとです(`・ω・)σぽち

    • >えりまきさん

      お世話になります^^

      いえいえwまだまだですw
      今後もっと増やしいていく予定です(笑)

      ちまちまでも増やしていく姿勢が
      すごく大切なんだと思いますよ^^

      私も最近はちまちまですw
      一つのサイトのクオリティーを上げている分
      時間がかかり仕方がないですが(゚ー゚;Aアセアセ

  • 最近はペラサイトはGoogleに嫌われる傾向にあるので、
    ある程度のページ数は必要みたいですね。

    折角時間をかけて量産するなら、
    軸教材をはじめに買うか買わないかでだいぶ結果は変わってきそうですね。
    ノンバトは初心者用の教材としてはぴったりですね^^

    応援です♪

    • >みんてぃあさん

      お世話になります^^

      ページ数はあったほうが
      いいかもしれないですね^^

      ページ数があればそれだけアクセス集めやすくも
      なりますしね♪

      軸なしで始めるのは
      遠回りの何物でもないですけどねw

      私みたいに時間かかりすぎるので
      先に軸を持っておく方がいいですねw

  • 量産ブログに惹かれてます・・・
    ブログ300コはすごいですね。

    どういうレベルでサイト作成されているのか、
    とっても気になります(^^)

    今日も応援完了です。
    1日頑張りましょう♪

    • >かほさん

      お世話になります^^

      別に300個程度で
      あればざらにいますよw

      それまで作ってきたサイトは数ページの
      ほぼペラに近いブログなので
      たいしたことはありませんよw

      今後はもうちょっとコンテンツ
      しっかりしていく必要があるので
      記事増やしたりしていますw

  • MOTOさん

    おはようございます。
    RENSUKEです。

    量産はMOTOさんの代名詞ですので
    知っていましたが、数が凄いですね^^;


    でも、そこまで努力されているから
    見えてくるものがあるのでしょうね。

    簡単に僕も量産やってみますなんて
    言えるような事ではありませんが
    頑張って増やしていくか^^

    そんな気分になってきました。

    今日も勉強になりました。


    応援です。

    RENSUKE

    • >れんすけさん

      お世話になります^^

      いやいや;;まだまだですよw
      これから更に作り上げていきますw

      この程度であれば本当に
      誰でもできると思っているんですけどね(゚ー゚;Aアセアセ

      少しづつでも増やしていけば
      そのうち数は後からついてきますよね♪

      将来的に考えて地道ですが
      やっていて損はないと思いますよ^^

  • こんにちは。

    YUHKIと申します。


    そうですね。

    やはり最初のころは多少面倒でもブログ量産が稼ぎやすいですね。

    500個のサイトはすごいですね・・・・・


    僕もブログ量産やってみようかな? と思いました。


    では応援ぽちしときますね!

    また訪問させていただきます(^-^)

    • >YUHKIさん

      お世話になります^^

      私は1ブログで稼げるブログを作る方が
      大変でめんどうだと思ってしまうんですがねww

      是非、将来の為に地道にコンテンツのある
      サイト量産やっておかれると
      資産になっていくのでいいと思いますよ♪

  • motoさん

    こんばんは、タンクです。\(^▽^)/!

    一口に量産ブログと言っても

    motoさんの「検証」があって
    初めて稼げるブログになったんですね。

    僕もサイトアフィリエイトをしているので
    サイトの量産をしています。


    motoさんはじめ

    稼がれている方は

    ブログやサイトの量産をしているというのが
    自分的には「ほっ」としました。(^^;

    間違った方向に行っていないか
    迷いながら進んでいるので(^^;


    応援して帰ります♪

    ポチッ。

  • 今晩は、カズトモです。

    僕も始めは、アマゾンアソシエイトで
    800くらいサイトを作りました。

    ほぼペラページですけど、
    初任給くらいは稼げました。

    「ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる!」
    事実ですね。

    応援済みです。

1件のトラックバック

コメントを残す